性同一性障害/GID・MTF・FTM の総合診療・診断・ホルモン療法・手術
ナグモクリニックGIDセンター[名古屋・東京・大阪・福岡 ]


ナグモクリニックGIDセンター

♦ホルモン療法(名古屋GIDセンター・東京院・大阪院・福岡院)

MTF (男性から女性へ;Male to Female)

img<施術内容>
@女性ホルモン(プロギノンデポー、ペラニンデポー、プロゲストンデポーなど)を1〜2週ごとに筋肉注射で行います。
※接種間隔には個人差があります。

<期待される効果>
@乳房の増大、A体毛やひげの減少、B肌の女性化(透明化)、C体脂肪分布、骨盤周囲の脂肪分布の変化、D頭髪の増加、はげの改善、E筋肉の減少、F勃起障害 など

<副作用および合併症>
@深部静脈血栓症、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、A肝機能障害、貧血、B頭痛、めまい、C乳頭の過敏症、乳輪色素沈着、D乳癌、E精巣、前立腺の萎縮、F性欲の減退、夜間勃起の減少
G生殖機能の喪失 など

FTM (女性から男性へ;Female to Male)

<施術内容>
男性ホルモン(エナルモンデポー、テストロンデポーなど)を1〜2週ごとに筋肉注射で行います。
※接種間隔には個人差があります。

<期待される効果>
@月経停止、A男性型体型、乳房萎縮、筋肉肥大、B陰核肥大、C声の低音化、D性欲の亢進 など

<副作用および合併症>
@深部静脈血栓症、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、A肝機能障害、多血症、 B著明な体重増加(血清コレステロールの上昇)、C多毛、色素沈着、皮膚の乾燥、 D座瘡、毛嚢炎、汗腺症、E頭髪の減少、F生殖機能の喪失 など

  ※新治療開始:男性ホルモン3ヶ月製剤「ネビド」入荷! 3ヶ月で3万円




<ホルモン療法の注意事項>

ホルモン療法が施行できない、あるいは施行時に注意を要する疾患があります。

@妊娠または妊娠している可能性がある場合
A血栓性静脈炎や肺塞栓症およびその既往がある場合
B心臓疾患、腎臓疾患およびその既往がある場合
C肝臓障害のある場合
D癌の診断がある場合
E抗凝固剤を服用している場合
Fてんかんのある場合
G糖尿病患者、血糖下降剤を服用している場合

ホルモン療法を施行中、望ましくない副作用の発現が認められる可能性があるので、
定期的な検査が必要です。

ホーム|診療内容(ホルモン療法顔面プチ整形豊胸手術乳房切除術MTF性別適合手術FTM性別適合手術料金のご案内性同一性障害の歴史Q&Aリンク
© 2009 Nagumo Clinic All rights reserved.

MTF性別適合手術(皮膚反転法/皮膚移植法/大腸法/他院修正手術)・FTM性別適合手術(子宮・卵巣摘出/尿道延長術・陰核形成/睾丸形成)
ナグモクリニックGIDセンター(名古屋・東京・大阪・福岡)は、性同一性障害の診療を総合的に行っています。